令和2年大晦日から令和3年初詣について

本年度の大晦日から来年度の初詣につきまして、新型コロナウイルス感染の予防策をとらせて頂きたいと考えております。
ご参詣の皆様方には、ご不便をおかけするかと思いますが、感染拡大予防のため、ご理解ご協力の程、宜しくお願い致します。

まつど魅力再発見デジタルスタンプラリー

松戸市経済振興部文化観光国際課の主催で、コロナ対策をしながら市内観光を楽しんでもらえる非接触型のデジタルスタンプラリーを行っております。

東漸寺(とうぜんじ)は千葉県松戸市にある540年の歴史をもつ浄土宗のお寺です。
花が舞い、風が薫る. なつかしい思い出の日々。 とおいとおいむかしから変わらない 時間がここにあります。訪れる人にやすらぎを、去りゆく人にこころ豊かな思い出を あたえたい。 そんなことをゆっくりゆっくりと考えているお寺です。 御祈願、仏事、墓地等のご相談等ございましたら、お電話にてご予約の上、お気軽に ご相談ください。

受付時間:午前9時より午後4時30分まで
〒270-0014 千葉県松戸市小金359番地
東漸寺寺務所
TEL047-345-1517 FAX047-343-3366

東漸寺には数多くの文化財があります。ここでは数百点の文化財の中でデジタル画像化したもの数点を紹介させていただきます。

【東漸寺の沿革】
東漸寺は、今から約540有余年前の文明13年(1481)、経譽愚底運公上人により、当初、根木内(この地より1キロ北東)に開創いたしました。この後約60年後の天文年間、現在地に移され、江戸初期に関東十八檀林の1つとされた名刹です。   檀林となった東漸寺は、広大な境内を持ち、多くの建物を擁するようになりました。大改修が成就した享保7年(1722)には本堂、方丈、経蔵(観音堂)、鐘楼、開山堂、正定院、東照宮、鎮守社、山門、大門その他8つの学寮など、20数カ所もの堂宇を擁し、末寺35カ寺を数え、名実ともに大寺院へと発展しました。明治初頭に、明治天皇によって勅願所(皇室の繁栄無窮を祈願する所)となりました。

東漸寺の境内は、古来より森に囲まれ、春には桜、秋には紅葉などたくさんの木々が心を癒してくれます。
また、古来より行われている行事があります。ここではその光景を紹介いたします。

東漸寺のさまざまな写真やで過去開催されたイベント、コンサートの様子を紹介いたします。

歴史と緑の風薫るまち・「北小金」。
東漸寺の森の新鮮な空気を吸って、界隈の歴史探訪。松戸市の誇る「21世紀の森と広場」やたまに東漸寺の文化財を展示する「松戸市立博物館があります。あなたもたまにはパソコンの前をはなれて、心と体をリフレッシュしてみませんか?

Copyright (c) 2010 Tozenji All Rights Reserved.